時計修理 スミヤウォッチサービス

新潟県長岡市で開業40年、時計修理の専門店

「時計には定期的なメンテナンスが必要です。」

■ オーバーホール

『時計の部品ひとつひとつまで分解し、掃除、点検を行って再度組み立てる作業』のことをオーバーホールといいます。
時計の中の油は約3〜5年で変質してきます。油が変質すると、歯車が磨耗して動かなくなってしまったり、その他にも外側からは見えない不具合が生じることがあります。時計も車などと同様に定期的なメンテナンスが必要です。

※ 3 ~ 5 年に一度のオーバーホールをお勧めします。

■ 電池交換

電池が切れたまま、時計を放置してありませんか?そのまま放置しておくと、電池が液漏れをしてしまったり、油が切れて錆が出てしまったりする可能性があります。電池が切れてきたと思ったら、早めに電池交換をしましょう。
尚、ご希望の場合は防水テストも行っております。

※1〜2年程度に一度の交換をお勧めします。

■ 部品交換・修復

ガラス、文字盤、リューズといった部品が壊れてしまったときは部品の交換をします。純正の部品が手に入れば良いですが、アンティーク時計など純正の部品が入手困難な場合は、部品を合わせて加工したり、当店で製作をしたりもします。特殊な部品の製作もご相談ください。

■ バンド修理

バンドのピンが壊れてしまったり、コマが失くなってしまったりしたときは、交換もしくは製作を致します。ステンレスや革、それぞれの素材に合わせた物を加工して修理をします。尚、特殊な革ベルトの製作なども致します。

 

 

 

掛時計・置時計の修理

ホールクロックの修理

Posted in 修理について by sumiya on 5月 3rd, 2011 at 2:51 PM.

Add a comment

Comments are closed.